【千歳整骨院】小林先生のお話「様々なしびれについて」

広告

今回は、「しびれ」についてお話します。「しびれ」は神経が何かしらの原因により圧迫され発生し、圧迫された神経が通る場所がしびれます。正座をして足がしびれるのは、ふくらはぎに体重がかかり、ふくらはぎの神経を圧迫してしびれが起きます。

高齢者の方では、脚にしびれが起きる「坐骨神経痛」が有名ですね。これは腰の骨や周辺の組織の変性で背骨の中を通る太い神経である「脊髄」が圧迫され起き、「すべり症」「狭窄症」「腰椎ヘルニア」により坐骨神経痛を発症します。若年層でも腰椎ヘルニアが原因で坐骨神経痛を発症します。

脚のしびれの原因はその他にも、お尻の筋肉が硬くなり、筋肉の間を通る坐骨神経を締め付けしびれを発生させる「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」もあります。スポーツをされる方、車の運転やデスクワークで長時間座っている方に発症することが多いです。

足裏や足先のしびれでは、「足根管症候群」や「モートン病」などがあります。両方とも、きつい靴、女性であればヒールをよく履く方や偏平足が原因で発症します。

このようにしびれを出す原因は多く存在します。また今回紹介した疾患以外に、脳からの影響や糖尿病などの内科的疾患で発症することもあるため、気になる方は一度専門機関を受診することをお勧めします。

広告
広告
広告
シェアしてくれるとうれしいです!