【足利市】第36回早川山鳩旗杯少年野球大会 山前ヴィクトリー2連覇

広告
優勝 山前ヴィクトリー
準優勝 松田・板倉・粟谷

「第36回早川山鳩旗杯少年野球大会」決勝戦が9月6日(日)、足利南小学校グラウンド行われました。台風の影響で少し和らいだ暑さの中、グラウンドでは、白熱した試合が繰り広げられました。

決勝/山前ビクトリー対松田・板倉・粟谷・午前9時プレイボール

会場/南小学校

初回、松田・板倉・粟谷の攻撃。先頭打者が四球で出塁。3番島田のセカンドゴロの間に、3塁ランナーがホームインし先制します。
対する山前はその裏、四球、相手チームのエラーでランナー2、3塁。このチャンスに、4番竹内のサードゴロの間に1点。さらに5番茂呂、2番阿部がホームラン、下位打線の活躍もあり打者一巡で合計9点を奪います。山前は2回裏に6点、3回裏にも7点を加え、22対1で山前ヴィクトリーが昨年に続き2連覇を果たしました。

第3位 葉鹿野球部

3位決定戦/葉鹿野球部対YSF・午前8時プレイボール

会場/南小学校

1回表、葉鹿はYSFのエース野沢投手の出鼻をくじき1点を先制します。その裏、葉鹿の植竹投手は荒れ球ではあるものの、打たせて取るピッチングでこの回を0点に抑えます。
3回表、葉鹿の1番長島(凌)が、3塁打で出塁すると、3番長島(蒼)の時にキャッチャーがパスボールでホームイン。この回2点を加えます、さらに、4回にも3点を加えた葉鹿が6対0で3位を獲得しました。※大会ルール、1時間10分で終了。

3週間に渡って熱戦を展開してきた9チームの選手、保護者、審判部の皆さん、本当にお疲れ様でした。

広告

【大会結果】
優 勝 山前ヴィクトリー
準優勝 松田・板倉・粟谷
第3位 葉鹿野球部
第4位 YSF

【最優秀選手】阿部栞大選手
【殊勲選手】竹内羚大選手
【優秀監督】大野隆男監督
【敢闘選手】高田拓豊選手
【優秀選手】田島蒼児朗選手
【優秀選手】星野雅斗選手
【優秀選手】小野里晴樹選手
【優秀選手】三浦 翼選手
【優秀選手】柴崎映匡選手
【優秀選手】本島拓真選手
【優秀選手】安西一葵選手
【優秀選手】鈴木綾美選手

優秀選手と大会を支えた山辺支部野球審判部、野球審判部顧問の早川尚秀さん、体協山辺支部長の本橋裕一さん

決勝・3位決定戦フォトコレクション

合わせて読みたい!

広告
広告

シェアしくれるとうれしいです!