【下野市】石橋高野球部が恒例の野球教室を開催!地元の学童球児約120人が参加

広告

石橋高野球部(下野市)は12月18日(日)、同校でこの時期恒例となった野球教室を開催しました。

この野球教室は、学童野球と高校野球の相互理解を深め、さらなる発展に寄与することを目的に、毎年、冬のオフシーズンに実施され、今回で10回目を迎えました。

今回は、下野市内と壬生町の学童野球11チームから、約120人が参加しました。
開校式に続き、全体でウォーミングアップをして身体を温めたあと、学童球児たちは3班に分かれて石橋高野球部員から守備や打撃、走塁の基本動作の指導を受けました。

また、自治医大病院の医師や理学療法士らによる「野球肘」などを予防するメディカルチェックも行われました。

広告

そして最後に、各学童チームの代表2選手によるホームラン競争と、石橋校野球部員の模範打撃が披露され、教室は終了となりました。
 
なお、石橋高野球部は、今春開催予定の「第95回選抜高校野球大会」に出場する21世紀枠の関東・東京地区の候補校に推薦されました。
1月27日(金)の選考委員会で、全国9地区の候補校の中から、出場3校が決まることになっています。

2年前にも同様に選出されていましたが、惜しくも甲子園出場は叶いませんでした。
今回、石橋高野球部が選ばれれば、春夏を通じて初の甲子園出場となります!
吉報が届くことを祈っています!

広告
広告