【下野市】下野薬師寺跡 国史跡指定100周年記念パネル展 開催中!

広告

下野市薬師寺の下野薬師寺歴史館では現在、下野薬師寺跡が国史跡に指定されてから100周年を迎えたことを記念したパネル展「史跡下野薬師寺跡~指定100周年のあゆみ~」が開かれています。

7世紀末、豪族の下毛野古麻呂によって創建された下野薬師寺は、僧の資格を得るための受戒の場「日本三戒壇」の一つとして、古来よりその名が知られてきました。
東国を代表する重要な古代寺院であることから1921(大正10)年に、同じく下野市の下野国分寺跡、足利市の足利学校とともに県内では初となる国史跡に指定されました。

今回のパネル展では、1966年に初めて実施された発掘調査から、2019年の第41次調査までの成果の歩みを紹介しています。

パネル展の開催期間は8月31日(火)までとなっていますので、ぜひ、足を運んでみみてください♪

広告

なお、下野薬師寺歴史館の開館と「史跡下野薬師寺跡ふるさと歴史の広場」の公開から、4月28日に20周年を迎えたことを記念したグッズの配布と、下野薬師寺歴史館のオリジナルグッズなどが当たるお楽しみくじを、5月30日(日)まで実施しています(※無くなり次第終了)。

【下野薬師寺歴史館】
■住所 下野市薬師寺1636
■電話 0285-47-3121
■開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時まで)
■入館料 無料
■休館日 月曜日、第3火曜日、祝日の翌日(土・日・祝日は開館)、年末年始

※入退時の手指の消毒、マスクの着用など、来館者には新型コロナウイルス感染防止の協力を求めています。

広告
広告