【足利市】「エル・エコー・デ・ロス・アンデスVol27」2年ぶりの開催に来場者感動!

広告

ロス・クアトロ・ペスカドーレス

MBS音楽祭「エル・エコー・デ・ロス・アンデスVol27」が、4月3日、足利市民会館大ホールで開催されました。

第1部の開演時間になると、はじめに、ケーナ愛好会エルエコーが「灰色の瞳」「風とケーナのロマンス」など全5曲を発表しました。会場は曲に合わせて手拍子などで応えました。

ロス・クアトロ・ペスカドーレスが登場すると、来場者から温かい拍手が。

オープニング曲を終えると、「昨年は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。今年も年明けまで本当に悩みましたが、関係スタッフほか、たくさんのご協力により、開催できました。今日は楽しんでいってください」と思いを話しました。

広告

演奏では、「ふでの別れ」「秋の小森の道」「コンドルは飛んで行く」ほかを披露しました。

第2部では、中村雄一&木下尊惇Duo、ロス・クアトロ・ペスカドーレスがさまざまな名曲を実演、会場は温かい雰囲気に包まれました。
■出演:ケーナ愛好会エルエコー、ロス・クアトロ・ペスカドーレス、サポート・木下尊惇さん、ゲスト/中村雄一さん&木下尊惇さん

広告
広告