【足利市】西宮町の山林火災、鎮圧を宣言 鎮火に向け消火活動継続

広告

2月21日(日)に足利市西宮町から発生した山林火災ですが、発生9日目の3月1日(月)午後4時に、鎮圧したと発表されました。
これに伴い、周辺の305世帯に発令されていた避難勧告も解除となりました。
なお、鎮火まではさらに数日かかる見通しで、引き続き消火活動を続けていくそうです。

火災は2月21日午後、足利市中心部にほど近い両崖山の山頂付近で発生し、約106ヘクタールを焼きました。
この火災により、両崖山内の御岳神社が全焼してしまいましたが、人的被害・住家被害はありませんでした。
そして、北関東自動車道足利IC~桐生太田IC区間の通行止めも3月1日に解除となりました。

消火活動にあたった皆さんのご協力のおかげで、山林火災は鎮圧となりましたが、一日も早い鎮火を心より願っています。

広告
広告

シェアしてくれるとうれしいです!