【佐野市】田沼アスレチックBBCが優勝!「佐野市スポーツ少年団軟式野球交流大会」

広告
優勝 田沼アスレチックBBC

2022年田沼ロータリークラブ杯「第44回スポーツ少年団軟式野球交流大会」の決勝が4月3日、佐野市中運動公園野球場で行われ、田沼アスレチックBBCが優勝に輝きました。
■佐野市スポーツ協会、佐野市スポーツ少年団本部主催。
■佐野市教育委員会、同野球協会、田沼ロータリークラブほか後援。

3月26日、田沼グリーンスポーツセンター野球場で開会式が開かれ、葛生クラブの山根葵主将が声高らかに選手宣誓、参加10チームの熱い戦いが繰り広げられてきました。

最終日の決勝には、田沼アスレチックBBCと城北クラブが進出しました。
試合は、序盤、両チームの先発投手が力投、堅い守備でなかなか得点が取れない展開となります。
動いたのは3回、先攻の田沼が、岩澤新選手の3塁打をきっかけに適時打で1点を先制します。
田沼はさらに5回、連続安打、片山哉選手が走者一掃の本塁打を放ち得点を重ねます。
追う城北も、走者は出るものの、打線がつながらず本塁は遠い状況です。
しかし、最終回となった6回、3塁打から堅く送って、待望の1点を入れますが、反撃もここまで、5-1で田沼が頂点に立ちました。

田沼の河原真二監督は「緊張感のあるいい試合をしてくれました。コロナ禍でずっと全体練習ができなかったのですが、選手たちがそれぞれ自主練習を頑張りました。その成果が出たと思います。うちの選手たちは無邪気なので、気持ちが乗ってくるとそれがプレーにも出ます。今日は明るくやってくれました」と決勝を振り返りました。
また、岩澤新主将は「今日は声も出て、笑顔で楽しく野球ができました」、本塁打を打った片山哉選手も「打ったボールはちょっとバットの根元でしたが、走者もいたので、思い切り振りました」とそれぞれ話してくれました。

【試合結果】
・準決勝
 天明が危険のため城北不戦勝
 田沼 7-3 植野
・決勝
 田沼 5-1 城北

【大会結果】
優 勝 田沼アスレチックBBC
準優勝 城北クラブ
第3位 植野クラブ

広告
最優秀・優秀選手

【個人表彰】※敬称略
最優秀選手 天下谷璃丈選手(田沼)
優秀選手  岩澤新選手(田沼)、石井蒼一郎選手(城北)

広告
広告