【佐野市】四季の自然と大切な行事描く作品 安藤勇寿「少年の日」美術館で『歳時記展』

広告

家族と迎えた晴れの日、友だちと一緒に楽しんだ行事の数々。日本人が大切に伝えてきた日々の暮らしを描いた作品が出迎えてくれました。

安藤勇寿「少年の日」美術館では、現在、「歳時記展」を開催中。

「入学写真」、「七夕」、「七五三」、「お雛様」など、季節の行事の作品17点と常設展合わせて約50点が一堂に展示されています。

展示会にあたり、「日本人は昔からいろいろな行事を美しい四季の中で守ってきました。それらは地域の絆や家族の絆を、特に子どもの心を豊かに育んできました。伝統行事や季節の変化は、子どもにとってみんな新鮮な体験です。これからも日本の子どもたちに伝え続けたいものです」とメッセージが添えられています。

広告

安藤さんは「今、こんなコロナ禍の中だからこそ、子どもたちには、自然と共生して遊びの時間を楽しむことを、もう一度見直してくれるといいですね。目に見えないもの、絆や伝統が心を健康に育てていくと思います。前向きに生きていくためにも、そのことを知ってほしい」と語りました。

絵を鑑賞しながら、自分が過ごしたあの日、あのときに心を飛ばしてみてはいかがでしょう。

■会 期 4月25日(日)まで
■場 所 佐野市御神楽町623-1
■時 間 午前9時30分~午後5時(入館は30分前)
■休 館 毎週月曜(祝日の場合は翌日)、毎月第1火曜日
■入館料 大人800円(70歳以上は100円引き)、中高生500円、小学生300円、幼児(4歳以上)100円
■問い合わせ 同館・電話0283-67-1080

広告
広告