【足利市】館内に響く美しく繊細な歌声 足利市民プラザ「音楽会とアニメ映画」

親子deおたのしみ会「音楽会とアニメ映画」が11月3日、足利市民プラザ文化ホールで開催されました。
公益財団法人足利市みどりと文化・スポーツ財団、足利市教育委員会主催。

開演時間になると、足利楽友協会による音楽会が始まります。

始めに演奏したのは、人気アニメ、鬼滅の刃の主題歌。「紅蓮華(ぐれんげ)」でした。子どもたちも一緒に手拍子で応えていました。

鬼滅の刃といえば、映画「無限列車編」が公開されていますが、興行収入が233億円を記録したそうです^^すごい!

話は戻りますが、続けて、となりのトトロのオープニング曲「さんぽ」ほか、秋冬のメドレー(夕焼け小焼け、赤とんぼ、たき火、雪)を披露しました。

特に盛り上がりを見せたのが、2020応援ソングプロジェクトの応援ソングとして制作された「パプリカ」。
ソプラノ歌手の島田瑛子さんが歌いはじめると、子どもたちも肩を揺らしたり、手を上げて楽しんでいました。

音楽会の途中には、楽器を紹介するコーナーも設けられ、ピアノやフルート、チェロ、打楽器の音色などを解説してくれました。

第2部では、アニメ映画はぞくぞくむらのおばけたちシリーズ「雨ぼうずピッチャン」を上演しました。
大画面のアニメを心ゆくまで楽しんでいました。

※足利市民プラザでは、親子のふれあいを図るとともに、子供達に夢を与えるものとして、年2回、入場無料で実施しています。

【足利楽友協会・出演者】
清水彩子さん(フルート)、小和田佳苗さん(ピアノ)、島田瑛子さん(ソプラノ)
木村珠海さん(チェロ)、三田喜良さん(パーカッション)

広告

シェアしくれるとうれしいです!