【足利市】館内に響く美しい歌声「足利オペラ・リリカ」絆コンサート

広告

足利市民会館・専属プロフェッショナル芸術団体「足利オペラ・リリカ」の絆コンサートが9月13日、足利市民会館・大ホールで開催されました。

定刻の時間になりブザーが鳴り響くと、小林昭裕さん(バリトン)が舞台に上がり、軽快なトークで会場を盛り上げます。

第1部では、テノール歌手の小田知希さんが「里の秋」を熱唱しました。
続いて、小林昭裕さん(バリトン)が「秋の月」、大隅智佳子さん(ソプラノ)が「ましろの月」、内山信吾さん(テノール)が「落葉松」を披露しました。

とても素晴らしい歌声で、会場は温かい拍手に包まれました。

第2部では、「足利オペラ・リリカ」研究生紹介コーナーがスタートしました。

川上智子(第6期生)
ヴェルディ 歌劇海賊から「あの人はまだ帰ってこない~私の頭から暗い考えを」

広告

頼住栞里(第7期生)
ロッシーニ「フィレンツェの花売り娘」

原 夏海(第8期生)
グノー 歌劇ファウストから「宝石の歌」

大畠諄也(第9期生)
ヴェルディ 歌劇椿姫から「燃える心を」

若々しい歌声は、ベテラン歌手とはまた違った表現力を見せてくれました。

途中、休憩をはさみ、いよいよ第3部「オペラを楽しむ」
ステージでソーシャルディスタンスを取りながら、歌劇を歌い上げると、いつもとは違う演出にほっこり。割れんばかりの拍手が会場いっぱいに鳴り響きました。

※新型コロナウイルス拡大防止のため、入館前に体温チェック、消毒、間隔を開けての着席、ホール内でのマスクの着用、開演前、館内の開放なので空気の入れ替えを行いました。

■出演者/大隅智佳子(ソプラノ)、 内山信吾(テノール)、小田知希(テノール)、小林昭裕(バリトン)、清水 綾(ピアノ)
■研究生/川上智子(第6期生)、頼住栞里(第7期生)、原 夏海(第8期生)、大畠諄也(第9期生)

広告
広告

シェアしくれるとうれしいです!