【小山市】夏の一大イベント「祇園祭」 みこし連合渡御、おはやしパレードなど中止決まる

広告

毎年、多くの見物客ににぎわう小山市の夏の風物詩「祇園祭」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3密(密閉・密集・密接)を避けることが困難なことから、みこし連合渡御やおはやしパレード、よさこいなど、歩行者天国で行われる予定のイベントの中止が決まりました。
祇園祭は、平安時代に氏子の無病息災や繁栄を祈る行事として始まり、以来、毎年行われてきました。
今年は、須賀神社(小山市宮本町1-2-4)で7月14日(火)に、参列者を限定し、コロナ終息を祈願する祭典として神事が執り行われます。

みこしを担ぎ、「アンゴステンノー」という勇ましい掛け声とともに練り歩く
広告
広告

シェアしくれるとうれしいです!