【下野市】石橋クラブ(下野)が全国の舞台で躍動!「全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」

広告
初の全国大会で躍動した石橋クラブ(下野)

「高円宮賜杯第42回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント」が8月8日(月)~14日(日)、東京都の明治神宮野球場ほかで開催されました。

「小学生の甲子園」と呼ばれるこの大会には、各都道府県の代表(東京都は開催地枠を含め3チーム、北海道は2チーム)に、前回大会優勝の長曽根ストロングス(大阪)を加えた計51チームが出場しました。
栃木県からは、県予選を勝ち抜いた石橋クラブ(下野)が初出場しました。

石橋クラブは、初戦となった9日(火)の1回戦、町田市の小野路球場で多賀少年野球クラブ(滋賀)と対戦しました。
多賀少年野球クラブは、2018、19年に同大会で連覇を果たしている強豪チームです。

試合は、多賀少年野球クラブが先攻、石橋クラブが後攻で始まりました。
初回は両チームとも三者凡退でスタートしますが、石橋クラブは2回にホームランなどで3点を先制されてしまいます。
しかし、石橋クラブは3回、2死からチャンスを作り、2点を返します。
4回は両チームとも無得点、試合は1点差で終盤に入っていきます。
迎えた5回、多賀少年野球クラブに2点を追加されてしまいますが、その裏に石橋も2本のツーベースなどで2点を奪い、再び1点差として最終回に突入します。
石橋クラブは、6回の多賀少年野球クラブの攻撃を三者凡退に抑え、良い形で攻撃に入りましたが、相手の硬い守備に阻まれ、そのまま4-5で惜しくも敗れました。

広告

●試合結果はこちら!

▽バッテリー
(多)筒井、井澤、門田、筒井、村井、筒井―石田
(石)中野、平原―大島基
▽2塁打 
 門田、村井、筒井(多)吉田想、大島基(石)
▽本塁打 
 隼瀬、村井(多)

全国の舞台で躍動した石橋クラブの皆さん、本当にお疲れ様でした。

広告
広告