【栃木県】國學院栃木が37年ぶり2回目の優勝飾る!「第104回全国高等学校野球選手権栃木大会」

広告
写真イメージです

「第104回全国高等学校野球選手権栃木大会」の決勝が7月24日(日)、栃木県総合運動公園野球場で行われ、國學院栃木が8-4で宇都宮南を下し、37年ぶり2回目の優勝を果たし、甲子園出場を決めました。

●決勝スコア

また、今大会の優秀選手も発表されています。

盛永智也選手(國學院栃木2年)、平井悠馬選手(同3年)、槇本嵩大選手(同)、小木曽凱虎選手(同)、神山由翔選手(宇都宮南3年)、石崎蒼真選手(同)、境楓生選手(同)、横尾潤選手(作新学院3年)、鈴木康生選手(同)、佐久間結人選手(佐野日大3年)、大海然選手(同)、小堀凌河選手(真岡3年)、小林央典選手(足利大附3年)、石川蒼選手(青藍泰斗3年)、吉田翔選手(文星芸大附3年)

広告

※大会結果等は、栃木県高校野球連盟のホームページをご確認ください。

広告
広告