【小山市】成人式に代わる式典の名称 2023年1月開催分から「二十歳を祝う会」に変更されます

広告

写真はイメージ

小山市では、成人式に代わる式典の名称が、2023年1月開催分から「二十歳を祝う会」に変更されるようです。

2022年4月1日より「民法の一部を改正する法律」が施行され、民法における成人年齢が、現在の20歳から18歳に引き下げられることから、小山市では2021年9~10月にかけて、「成人式」に代わる名称についてアンケートを実施しました。

その結果、最も指示の多かった「二十歳を祝う会」に名称が決まりました。

なお、式典への参加については、今後も20歳が対象となるようです。

広告

広告

広告