【足利市】刀剣ファン必見!! 足利市制100周年を記念した特別展「戦国武将足利長尾の武と美―その命脈は永遠に―」が開催中!

広告

足利市通2丁目の足利市立美術館では、2月11日(金)から、足利市制100周年を記念した特別展「戦国武将足利長尾の武と美―その命脈は永遠に―」が始まりました。

会場では、足利市ゆかりの名刀で、刀剣ファンに人気の国重要文化財「山姥切国広(やまんばぎりくにひろ)」が5年ぶりに展示されています。
ちなみに5年前の展示会では、全国から約38,000人が訪れたそうです。

なお、会期は3月27日(日)までとなっています。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場は予約制(抽選制)となっていますが、事前予約ですでに定員に達してしまっているそうです。
しかしながら、若干のキャンセルが出ている関係から、キャンセル分の受付も行っているようなので、タイミングが良ければ今からでも観覧できる可能性があります!
※詳しくはこちらをご確認ください。
https://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/100th-tokubetuten/

●市内各所では3月27日(日)までの会期期間中に、刀剣を題材にした人気ゲーム「刀剣乱舞」とコラボレーションした多彩な催しも行っています。
※詳しくはこちらをご確認ください。
https://ashikaga-touken.com/

【足利市立美術館】
■住所 足利市通2-14-7
■℡ 0284-43-3131
■開館時間 午前10時~午後6時(入館は閉館の30分前まで)
■観覧料 一般(高校生以上)1,000円、中学生以下、各種障がい者手帳をご提示の方は無料
※観覧については、完全予約制となります
■会期中の休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、2月24日(木) 

※入退時の手指の消毒、マスクの着用など、来館者には新型コロナウイルス感染防止の協力を求めています。

広告
広告
広告