【佐野市】地芝居の魅力を知る『牧歌舞伎と吉澤人形頭展』佐野市葛生伝承館で開催中

広告

会場には華やかな衣装や小道具が集められていました。
佐野市葛生伝承館では、現在「牧歌舞伎と吉澤人形頭展」を開催しています。

牧歌舞伎は、葛生牧町に、江戸時代から受け継がれてきた地芝居。一時中断された時期もありましたが、昭和56年、「牧歌舞伎保存会」が結成され復活。今では、2年に1度のペースで本公演を行っています。同展では、上演時の写真や衣装、台本、ジオラマなどを展示しています。

また、「吉澤人形頭」は、地元の旧家に伝わった頭をはじめ、浄瑠璃本、手足を一堂に集めています。これほどの量の資料は大変珍しく、貴重とも言えるそうです。

先人たちが伝えてきた地元の郷土芸能の世界に浸ってみましょう。

広告

■会期/6月20日(日)まで
■場所/葛生伝承館(佐野市葛生東1―11―26)
■開館時間・休館日/午前9時~午後5時。毎週月曜日休館
■入館料/無料
■問い合わせ/TEL0283-84-3311

広告
広告