【足利市】染付や白磁など丁寧に作り込まれた愛らしい器が並ぶ!「柳川謙治 陶展」足利乾ギャラリーで開催中

足利乾ギャラリーでは、2月14日(日)まで「柳川謙治 陶展」を開催しています。同ギャラリーでの柳川さの陶展は、今回で2回目です。

柳川さんは、普段使いの器を中心に創作しています。

自ら足利の土(原土)を掘りに行き、一から生成。試し焼など、試行錯誤しながら、数々の作品を生み出しています。

柳川謙治さん
広告

柳川謙治さんにお話お聞きすると。

「今展に合わせて、約230点の作品をご用意しました。私は普段使いの器を創作しています。器はお料理を引き立たせるものです。ちょっと物足りないぐらいがちょうど良い。そして使って行くうちになじむものがいいですね。、手触り感、口当たりの感覚には気を配っています」と話していただきました。

●今後の活動予定
4月/益子の「もえぎ」、岡山で企画展
6月/千葉で個展が予定されています。

■足利乾ギャラリー
■足利市通り5丁目3190
■電話/0284-21-8610

広告

シェアしくれるとうれしいです!