【足利市】ALOHAの心で未来を信じて!「ラウレア・ フラ・ クラブ」がKEEP ALOHA PROJECTに参加!

広告

先日、ラウレア・ フラ・ クラブ(代表:木村小枝子さん)が参加協力する、「KEEP ALOHA  PROJECT」の動画撮影へ取材に伺いました。

ラウレア フラ クラブ 代表の木村小枝子さん

この取り組みは、コロナ禍により、イベント、発表会の中止、フラ業界でも不安が続いている中、「今こそ、思いやりや礼儀、助けを求められる素直さ、そして団結し耐える強さ、今、まさに「ALOHAの心」が試されている」と、アロハスタンダードの本部孝一さんが設立しました。

教室にて ラウレア フラ クラブの皆さん(撮影協力/海原一洋さん)

テーマは…
「keep Smiling(明るい未来を信じ笑顔を絶やさず)」
「Spread Aloha(今こそアロハの心を皆と共感し広げていこう)」

これに賛同し、全国のフラ教室やフラ用品を販売する会社が協力、Tシャツの販売や、動画でのダンスを発表しています。

そして、ラウレアの木村代表宛てに、アロハスタンダード(担当:本間さん)から協力依頼があり、今回の撮影に至ったそうです。

話は戻り、動画撮影は7月26日(日)、寿徳寺(足利市野田町)の境内で行われました。

広告

木村代表は「世界中がコロナ禍の中、当たり前の日常が無くなり、私達が大切にしてきたボランティア活動も全て出来なくなってしまいました。それでも何か私達に出来る事はないかと考えていた所、アロハスタンダードよりお誘いを受けKEEP ALOHA  PROJECTへの参加を決めました。今回、スタジオ前にある寿徳寺の住職のご厚意により、寿徳寺本堂でのフラ『お寺でフラ』を開催し、撮影させていただきました。今後、不定期となりますが2か月に1度ペースでフラステージを行います。(次回は9月13日日曜日15時〜15時40分予定)。私達と幸せな時間を共有していただけたら嬉しいです。皆様どうぞ宜しくお願い致します」とにっこり。

寿徳寺住職の大蔵有節さんは「新型コロナウイルス感染拡大でたくさんの皆さんが大変な思いをしています。エンターテインメントの世界も同様だと思います。この試みが少しでもお役に立てればうれしいですね」と話してくれました。

住職とラウレア フラ クラブの皆さんでパチリ!

演目は、ハワイアンララバイレインフラガール虹をの3曲。
この様子は、「KEEP ALOHA  PROJECT」のユーチューブチャンネルで紹介されます。

★同クラブでは、新クラスの生徒を募集中。1クラス10人まで。未経験者も可。ハワイアンフラ、歌謡フラを学べます。月2回2500円~。※出張レッスンもあります。
▼問い合わせ先/℡090-6197-2154(木村まで)。
★小学6年生から70歳代の生徒さんが、同じクラスで一緒に学んでいます。

撮影風景

広告
広告

シェアしくれるとうれしいです!