壬生ふるさと祭り 中止が決定

広告

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、8月22日に予定されていた「壬生ふるさとまつり」の中止が決まりました。
壬生ふるさとまつりは、夏の終わりの8月下旬頃に開催される町の風物詩で、特大の打ち上げ花火を見ようと、町内外から大勢の人が会場に集まります。
まつりの始まりは、かつて壬生小学校の校庭で行われていた「壬生町盆おどり大会」。その後、会場は蘭学通り、総合運動場と移り変わり、現在は、とちぎわんぱく公園内の陸上競技場で開かれています。

会場の中央に設置されたやぐらを囲んで踊る「かんぴょう踊り」でにぎわうほか、最後には特大の打ち上げ花火。地響きが伝わってくるほど打ち上げ場所までの距離が近く、迫力満点です。
今年は残念ながら中止となりましたが、来年の開催を楽しみに待ちましょう。

広告
広告

シェアしくれるとうれしいです!