【足利市】第34回会長杯剣道錬成大会 会長杯 優勝 東海林結人選手

広告

第34回会長杯剣道錬成大会が6月20日、三重体育館で開催されました。

大会には28人の剣士が参加し、日頃の練習の成果をはっきしました。

足利剣道連盟の堀井治雄会長が「昨年の会長杯はコロナの影響により中止となったため、2年ぶりの開催となります。本大会では新ルールの導入や試合でのマスクの着用ほか、いろいろとルールも変わってきましたが、練習の成果を発揮してください」とあいさつしました。

選手宣誓は東海林結人選手
「コロナ禍により、当たり前が当たり前でなくなりました。試合ができる喜びを感じ、たくさんの人に感謝して大会に挑みます」と声を上げました。

選手宣誓する東海林結人選手

この大会は、経験年数3年未満、3年以上、初心者の部に分かれて実施され、順位を決めるトーナメント、基本試合が行われました。

競技が始まると、気迫のこもった試合を展開しました。
※初心者の部は打ち方判定で勝敗を競いました。

広告

広告
広告

シェアしくれるとうれしいです!